年齢とともに多くなる腎臓疾患

年齢とともに、体の機能が衰えてきます。毎日頑張っている腎臓も、頑張りすぎると疾患が出てきます。

加齢だけでなく、緊張などからくる精神的なもの、妊娠出産で筋肉が緩みやすくなったり筋肉量も減ってきます。これらが原因で、頻尿になったり尿失禁を起こしやすくなります。

過活動膀胱になると、トイレに行く回数が増えます。自然に治るとよいのですが、おしっこは気になればなるほど尿意を催したり、我慢できなくなってきます。

他には、仕事中などでトイレを我慢しがちな方は、排尿困難になり思うようにおしっこが出なくなることもあります。

おしっこは、体から出る老廃物です、我慢してしまうと、長く体の中にいることになり、細菌が増えて体の調子を悪くしてしまいます。腎臓が上手く機能できなくなり、治療を受けなければならなくなります。

泌尿器科は、身近な所にあります。思い切って病院へ行くことで、飲み薬で調節できたりや体操で筋肉量を増やしておしっこの悩みから解消できます。

 

頻尿にはサプリが効果的

頻尿は、おしっこの回数が多いことです。外出先では、常にトイレが気になり、近くに見つからないときには我慢しなければなりません。

ひどくなると、外出先でのトイレの場所を確認してから出かける人もいます。楽しいはずの外出が、頻尿で苦痛に感じてきます。

頻尿にはサプリを利用することで、症状が穏やかになり悩みが改善されることがあります。頻尿に効果がある成分は、ノコギリヤシやペポカボチャが有名です。

ノコギリヤシは男性ホルモンを抑える働きがあります。男性に多い前立腺肥大による頻尿に効果があります。ペポカボチャは、排尿に関する作用に効果があるので、男性にも女性にも効果があります。

頻尿は珍しいことではありません。年齢とともに、筋肉量が減っていくために、膀胱を支える筋肉も衰えてきます。そのため、おしっこの調節が難しくなってきます。

どのノコギリヤシのサプリが頻尿に効果が高いのか、レビューを読んで自分に合ったサプリを探すことが大切です。

 

頻尿は日常のヘルスケアを

頻尿には膀胱炎や尿路結石などの病気がありますが、機能には問題ないのに30分おきにはトイレに行きたくなる神経性頻尿などもあります。この心因性の神経性頻尿は大事な場面での極度な緊張で起こってきます。

機能に異常がない頻尿は問題ないのですが、何らかの異常で頻尿があるなら早めに専門医を受診してください。病気でない頻尿は体操や膀胱の訓練で改善することもあります。

膀胱の訓練の方法は尿を我慢し、少しずつ尿をためられるようにします。なるべく尿のことを考えずに深呼吸をして尿意のことを忘れるようにしましょう。

5分、10分と尿を我慢する時間を増やしていきます。この方法は神経性のものなので、膀胱炎の場合の頻尿は頻尿を悪化させることがあるので、泌尿器科や形成外科がある病院を必ず受診して問題ない頻尿の時に行いましょう。

尿のメカニズムを知り、日常でも食生活や生活習慣に気をつけ毎日のヘルスケアに注意し、いつまでも安心して外出ができるようにしていきたいですね。