三井住友銀行の住宅ローン

住宅ローンでは、住宅金融支援機構でフラットなどを利用する方も多いと思いますが、銀行独自の住宅ローンを取り扱っている会社も多くあります。中でも、メガバンク系で比較的住宅ローンに力をいれている会社の例として、三井住友銀行があります。三井住友銀行は、三大メガバンクの一角と言われる大手の銀行であり、住宅ローンだけでなく、カードローンや投資信託などの金融商品を扱っている銀行です。

住宅ローンでは、他の銀行と金利の設定は横並びしている感じはありますが、当初5年固定金利や当初10年固定金利などのローンでは、他のメガバンクと比べてもトップクラスと言って良いほどの低金利で利用する事ができます。また、地震などの災害時に住宅ローン残高の50%が保険金で支払われる、自然災害時返済一部免除特約付き住宅ローンというものもあり、こちらは金利上乗せで利用する事が出来ます。

最近何かと多い災害に備えて検討してみても良いかもしれません。しかしながら、おまとめカードローン比較でネット銀行等と比べてしまうと、金利が割高という点では負担になってしまいますが、大手ならではの安心感や信頼感などがあり、比較的都市部に住んでいて、近くに店舗がある場合や、相談などを気軽にしたい人向けだと考えます。住宅ローンを何処で借りるかを迷ったら、色々な銀行に説明を聞いてから考えても良いかもしれません。

 

工場の求人は愛知県や静岡県は多いです

工場で働くことを考えると、愛知県や静岡県の求人を目にすることが多いです。仕事の内容は機械オペレーターや自動車関係の職種が多いことが分かります。他にも接客業や事務関係の仕事など多数ありますが、比率で何割以上とは言えないですが、愛知県や静岡県は自動車部品を含めて自動車関係の仕事は多いです。

もしも専業主婦をしていて工場で働くことを考えると、まずはどんな仕事があるのかじっくりと目を通すことが先決です。仕事の内容には色々なものがありますので、どんな内容なのか給料はその通りなのかを知ることです。昼間に時間がありますので、その辺りのことを知り合いなどに聞いておくといいでしょう。

また、最初はフルタイムで働かなくてもかまいません。働く時間が短いパート勤務で慣らしておくこともありです。しかし、カードローンで借金があるのなら話は違います。借金を返済するためになるべくいい給料の仕事を探すことから始めることになるでしょう。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/13046074/

メルカリで現金出品という「究極の貧困ビジネス」が生まれた背景 銀行カードローンの「次」がない!

■「急ぎのカネ」に迫られる人たち
フリーマーケット(フリマ)アプリの代表として急成長しているメルカリに、5万円の現金が5万9500円で出品されていたのはなぜか――。

メルカリは、硬貨などの出品を禁じていなかった。それは希少価値がある硬貨や紙幣の出品を期待してのことだったが、実際は「ただの現金」が出品され、2割前後の高値で取引が成立。その原因は、「急ぎのカネ」に迫られた利用者が、クレジットカード決済との“時間差”を利用するものだった。

普通の感覚なら、「なぜ、そんな面倒なことを」となるのだが、それだけ無担保で緊急の資金を必要とする人が増えている“証”であり、その背景には貸金業法改正から10年を経て表面化した“歪み”がある。

現金出品の背後にあるのは、「カードの現金化」であり、これは「カードでお金」というキャッチフレーズで街にあふれ、ネット検索すれば、「現金化業者ランキング」のような形で、いくらでも探すことができる。クレジットカードのショッピング枠を使ってブランド品などを買い、それを引き取ってもらい現金化するシステムだ。

http://xn--t8j0cg0b0ct07epbye.xyz/

おまとめローンとは

おまとめローンという商品を聞いた事があるでしょうか?

おまとめローンは、住宅ローンやカードローンの様な普通のローンとは少し違った商品です。おまとめローンを取り扱っている銀行や消費者金融、ノンバンクは幾つかありますが、それぞれ一つの共通した特徴があります。

それは複数のローンを一本化して、一つのローンにまとめる事を目的としたローンなのです。

おまとめローンの基本的な事は、現在のトータルの借り入れ金額と同じ金額を、新たな金融機関で新規で借り入れを起こして、今迄のローンを完済するという手続きを踏みます。この様にして、借り入れの一本化を実現するのです。